HP_logo白抜き.png

Character

Merchandising

「癒し」をテーマにした

様々な世界を構築

「お茶」と「犬」を合体させたキャラクターのデザイン、玩具アイテムの開発を担当した。特にハウス玩具はマンションや学校、寮、などをモチーフとし実店舗とのコラボも含め、シリーズとして様々なアイテムが展開された。

 

開発では、ハウスのモチーフ選びやスタイリングデザイン、遊び方やギミックの提案も含めて幅広く携わった。付随するグラフィックについても、お茶犬の基本的な世界観を踏まえつつ、それぞれのモチーフに合わせてイメージを広げて作成した。また、モデル作成の際には和風の室内を再現するために実際の畳を型取りして内装に反映させるなど、細部にまでこだわったデザイン開発を行った。特にキャラクターを立体フィギュア化する際には、どれだけイラストのイメージを踏襲できるかもデザインのカギとなった。

後に「お茶猫」や「お茶犬Sweets」といった派生キャラクターも登場し、同様に開発を行った。アニメやゲームにも展開され、子供や大人の女性を中心に人気を博した。